中国語を勉強するならコレ!発音が最重要!?[教材・参考書・勉強法]

大家好!!

 

中国語をこれから勉強しようと思っている方に向けて、おすすめの教材や勉強の始め方について紹介していきます。

 

僕もまだ勉強を始めてから日は短く中国語はまだまだなのですが、そのような視点からみた中国語の学習についてまとめます。

 

 

・大学の授業を履修する

 

現在大学に通っている方は、まず授業を受けるのが一番だと思います。

一番の理由は... 基本中の基本をしっかり学べのに最適!

 

中国語初学では、まずは必ず発音からやります。

勉強初め、発音はとても難しく感じられます。

母音・子音の数は多く、日本語にはない舌の使い方や発声のポイントなどがあり、そういう点で実際に講義を受け発声練習から入っていくのがオススメです。

 

僕も理系4年でしたが、中国語の教授に連絡し授業について尋ね、履修しました。

勉強したいことがあった時に、学べる環境があるのが大学の良いところです。

 

 

・最初に発音の勉強

 

「中国語は発音が何より大事!」ということを聞いてましたので、そのことを意識しながら勉強しています。

 

発音についてはこちらを使用しました。

改訂新版 紹文周の中国語発音完全マスター

 

子音・母音それぞれの発音方法、四声の発声について丁寧に書かれています。

最初に勉強することで頭の中にイメージを持っておくことができます。

 

ただ発音を完璧にしてから次の段階へ、というようなことは必要ないと思います。

単語で発音だけ練習しても中国語のリズムを感じることもできないですし、完璧なんてものはないと思うので。

 

一通り発音の基礎を学んでいれば、イメージを持ちながら勉強できます。

 

 

・声に出して勉強する

 

発音について学んだ後は、文法や単語の勉強を進めていきました。

現在の段階で使用した参考書です。

 

キクタン中国語【入門編】中検準4級レベル

CD BOOK たったの72パターンでこんなに話せる中国語会話

キクタン中国語【初中級編】中検3級レベル

本気で学ぶ中国語(CD BOOK)

 

 

だいたい学習した順番です。

 

単語、文法、発音と並行して勉強しています。

参考書のチョイスは、レビューやネットの情報を参考にしつつ実際に見てみて決めました。

 

勉強を続けられそう、かつCD付属の発音練習がしやすそう、という2つのポイントを重要視しました。

 

単語・文法を学びつつ、CDでお手本を聞き、それを真似るというのを繰り返しています。

 

あとは、録音して確認します。

お手本と比べると、声調が全然違うことがたくさんあります。

 

中国語のリズムと発音をしみこませていきます。

僕もまだまだなので、もっともっと勉強を続けていきます。

ひとまず、今の段階までの学習についてでした。

 

加油加油!!!!

 

もっと勉強し、成長し発信していきます。

拜拜!!

 

 

改訂新版 紹文周の中国語発音完全マスター

改訂新版 紹文周の中国語発音完全マスター